浄土真宗の教義と親鸞の人生

浄土真宗の教義と親鸞の人生

もし浄土真宗の教義について詳しく知りたいと考えているのであれば、浄土真宗の教義について書かれている本を読むのもいいですが、ぜひ親鸞が生きてきた人生についても同時に学びたいですね。

浄土真宗の教義は非常に素晴らしくたくさんの人に広まっていますが、どの様な環境の中で親鸞が生きてきたかという事を知ると、より一層理解が深まるのではないでしょうか。

また、どの様にして浄土真宗の教義が生まれたのかという事が分かるでしょう。浄土真宗の教義と親鸞の人生はとても深い関係があります。時代背景などいろんな面から学んでみてはどうでしょうか。初めて知る人であれば、大きな感動が得られる事でしょう。

親鸞の教え

少し難しい言葉ですが、現世正定聚という教えがありこれは浄土真宗の教えの中でもメインとなってきます。現生不退とも言われる事もあり、親鸞の教えをそのまま表したものです。

阿弥陀如来様が自分達をきっと救ってくださると信じると、浄土に行く事ができます。この様に、自分の行いによってではなく、阿弥陀如来様によって成仏するのが他力回向です。

そして、自分も亡くなると仏となれる事が約束されています。南無阿弥陀仏と唱えるのは、その事に対してありがたいという感謝の気持ちを伝えるためでもあります。

浄土真宗では、人が亡くなった時にも南無阿弥陀仏と唱える事がありますが、それは無事に浄土に行ける様に、という意味ではありません。