遊具とハイスピードカメラの製造販売と英語研修と親鸞会

歯科の治療に使用されるマイクロスコープ

歯科の治療で欠かす事ができない道具の一つにマイクロスコープがあります。歯はとても小さいのでマイクロスコープで拡大して見る事で、小さい凹凸や普通に見ただけではわからない様な根管など詳細な部分の様子もわかります。

また、マイクロスコープは診断する時に役立つだけではなく、治療する時にも役立ちます。また、アメリカにおいては根管を治療する時には義務付けられているみたいです。

日本では普通の治療を行う時にマイクロスコープを使用している医師はそれほど多くはないみたいです。

また、マイクロスコープを使って治療を行うと通常の場合に比べて時間や手間がかかる事が多いみたいです。今後はマイクロスコープも更に便利な物になり、歯科治療でももっとたくさん取り入れられるようになるかもしれませんね。


公園施設の遊具

子供が5歳になって、公園などでも大きな動作をして遊ぶことが多くなりました。我が家に近い公園施設では、懐かしいタイヤブランコがあるんです。タイヤにのって揺れる、あれですね。

小さい頃は私もよくこれで遊びました。姉と二人で乗ってぐるぐると親にまわしてもらい、遠心力を楽しんでキャーキャー言ってましたねえ。それを子供に教えると夢中になって遊んでました。

公園施設での遊具ではあまりみかけないと友人は言ってましたけど、見つけたら是非遊んでみてね~と触れ回っている次第です。下の子がもうちょっと大きくなれば、兄弟で楽しめるでしょうね。


浄土真宗について

浄土真宗は仏教の宗派の中でも、他の宗派のようにお仏壇などを豪華にすることを推奨せず、質素さに重きを置く教えを説き、そのため開宗された当時は一般大衆に大変支持されました。

浄土真宗では法事などでのお仏前の供物について、他の宗派のように必ずしも左右対称に配置しなくてもよいとしています。また供える物は、華美さにとらわれず。故人を偲べるものであればよりよいと考えます。

そして仏教の中で浄土真宗のみ、死後の世界の存在はないとし、そのためお盆には、ご先祖や亡くなった方を偲ぶ法事はしますが、決して魂が帰ってくるとは考えず、そのため灯篭流しなども行いません。